混合撹拌装置

開放特許情報番号
L2017001101
開放特許情報登録日
2017/7/19
最新更新日
2017/7/19

基本情報

出願番号 特願2010-192931
出願日 2010/8/30
出願人 株式会社MGグローアップ、丸福水産株式会社
公開番号 特開2011-140016
公開日 2011/7/21
登録番号 特許第5749463号
特許権者 株式会社MGグローアップ、丸福水産株式会社
発明の名称 混合撹拌装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 混合撹拌装置
目的 気体と液体を混合・撹拌する場合には、気体を殆どマイクロレベルないしはサブマイクロレベルに超微細化した気泡となして、適用可能な用途範囲の広い超微細気泡発生装置としても使用が可能な混合撹拌装置を提供する。
効果 混合撹拌装置として幅広い用途に適用可能とすることができる。
気体と液体を混合・撹拌する場合には、気体を殆どマイクロレベルないしはサブマイクロレベルに超微細化した気泡となして、適用可能な用途範囲の広い超微細気泡発生装置としても使用が可能となる。
技術概要
電動機部にポンプ室部とその下流側に配置した流体撹拌部とを直列的に連動連結し、少なくともポンプ室部と流体撹拌部は液体中に配置して、ポンプ室部にはその液体を吸入して流体撹拌部側に吐出する吐出流路を形成し、流体撹拌部には吐出流路を通して上記液体以外に別の流体も流入させて、これらの液体と流体を流体撹拌部が混合・撹拌して混合体となすと共に、混合体は流体撹拌部から搬出されるようにした混合撹拌装置。
前記ポンプ室部のケーシング体の上端周縁部には段付き嵌合用凹部を形成して、最下段の流体撹拌部のケーシング体の下部に段付き嵌合用凹部を下方から嵌合することで流体撹拌部のケーシング体とポンプ室部のケーシング体同士を密着状態に接続したことを特徴とする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT