エマルジョン燃料及びその製造法並びにその製造装置

開放特許情報番号
L2017001094
開放特許情報登録日
2017/7/19
最新更新日
2017/7/19

基本情報

出願番号 特願2009-538215
出願日 2008/10/21
出願人 株式会社MGグローアップ、丸福水産株式会社
公開番号 WO2009/054377
公開日 2009/4/30
登録番号 特許第4533969号
特許権者 株式会社MGグローアップ、丸福水産株式会社
発明の名称 エマルジョン燃料及びその製造法並びにその製造装置
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 エマルジョン燃料と、同エマルジョン燃料を連続的に製造する製造法と、同エマルジョン燃料を連続的に製造する製造装置
目的 燃料油と水をミキサーにより撹拌・混合することにより製造したエマルジョン燃料を燃焼装置で燃焼させると燃焼効率が悪化してすすや黒煙を発生するという不具合を解決する。
効果 連続相としての燃料油と、分散相としての水と、微量の空気とを微細化して混合することにより、浮力が減少した微細な気泡混じりのエマルジョン燃料を製造することができる。
浮力が減少した微細な気泡は、燃料油中に分散して、気−液界面の面積を増加させると共に静電分極により表面活性を発揮して、微細化した水滴の合一を防止して、同水滴をエマルジョン燃料中で安定化させることができる。
その結果、例えば燃焼装置で燃焼させると、良好な燃焼効率を確保することができて、すすや黒煙が発生するという不具合を解消することができる。
技術概要
連続相としての燃料油と分散相としての水との混合液に、微量の空気を付加して流体混合器により混合してなる微細な気泡混じりのエマルジョン燃料。
燃料油と水を混合処理して、連続相としての燃料油と分散相としての微細な水滴からなる混合液となし、続いて、この混合液に微量の空気を付加してさらに流体混合器により混合処理することにより、微細な気泡混じりのエマルジョン燃料を製造することを特徴とするエマルジョン燃料製造法。
燃料油と水を混合処理して、連続相としての燃料油と分散相としての微細な水滴からなる混合液となす一次混合処理部と、この混合液に微量の空気を付加してさらに混合処理する二次混合処理部とを具備して、微細な気泡混じりのエマルジョン燃料を製造することを特徴とするエマルジョン燃料製造装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT