不動産仲介システムとそれを実現するための方法及びコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2017001088
開放特許情報登録日
2017/7/13
最新更新日
2017/7/13

基本情報

出願番号 特願2002-156125
出願日 2002/5/29
出願人 稲葉 眞樹
公開番号 特開2003-346011
公開日 2003/12/5
登録番号 特許第3973200号
特許権者 株式会社システムエイト
発明の名称 不動産仲介システムとそれを実現するための方法及びコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信、生活・文化、その他
機能 その他
適用製品 不動産仲介システム
目的 不動産購入予定者に対しより多くの物件情報の提供を可能にすることを目的とする。
当該特許を活用することにより、不動産業の活性化が期待でき、顧客は不動産をより良い条件で売買出来る。
効果 当該特許は、不動産業の特に成約課金システム、顧客へのキャッシュバック等に関連するサービスに於いて、他社に対して優位性を保つことが出来るものである。
また、不動産業者間で手数料を分配することにより、不動産業界の常識を変え、新たな文化を創造し、不動産業界全体の活性化を促す効果が期待できる。
技術概要
不動産売買の仲介を行うサーバーを含むコンピュータシステムにより実現される方法あり、前記サーバーが、顧客を特定するための顧客特定情報とその顧客の連絡先とが関連づけられた購入情報を受信し、販売する不動産物件を特定するための物件特定情報とその販売条件とが関連づけられた販売情報を記憶し、紹介業者とその紹介業者の連絡先とその紹介業者が紹介した顧客を特定するための顧客特定情報とを関連づけた業者連絡情報を複数集めた業者連絡情報群を記憶し、前記購入情報に含まれる顧客の連絡先に前記販売情報を紹介するデータを送信し、顧客が利用するコンピュータから成約した物件を特定するための成約物件特定情報と成約した顧客を特定する成約顧客特定情報とが関連づけられた成約データを受信し前記業者連絡群から前記成約顧客特定情報により特定される顧客の紹介業者の連絡先を検索し、検索された前記紹介業者の前記連絡先に前記成約物件特定情報により特定される物件の販売が成約したこと及び手数料分配を促すための情報を送信することにより実現される不動産仲介方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 一度お会いして条件をご相談させていただければと存じますので、ご興味のある方は下記のお問合わせ先にご連絡いただければ、よりわかりやすくご紹介いたします。

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 不動産業者間における手数料分配がある為、顧客登録だけでも売上に繋がる可能性がある。
改善効果2 賃貸メインの不動産会社も売買部門への参入が可能となる。
改善効果3 顧客のデータベースがある為、不動産売却時も早期に買主が見つかる可能性が高い。
アピール内容 当該特許を有効活用することにより、大手不動産業者だけでなく、中小不動産業者にも顧客獲得のチャンスが与えられ、不動産業界全体の活性化にも繋がる可能性を秘めた特許です。
より具体的な内容は、下記のお問合わせ先にご連絡いただければ、よりわかりやすくご紹介いたします。

登録者情報

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT