汚染土壌の浄化方法

開放特許情報番号
L2017001081
開放特許情報登録日
2017/7/13
最新更新日
2017/7/13

基本情報

出願番号 特願2008-213984
出願日 2008/8/22
出願人 昭和電工株式会社
公開番号 特開2010-046623
公開日 2010/3/4
登録番号 特許第4964844号
特許権者 昭和電工株式会社
発明の名称 汚染土壌の浄化方法
技術分野 機械・加工、生活・文化、食品・バイオ
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 微生物による分解活性を利用する汚染土壌の浄化方法
目的 酸素放出剤添加手法において好気性と中性領域pHを両立し、かつそれを持続することを可能とする、効率的な好気性細菌による土壌浄化方法の提供。
効果 効率的かつ経済的に、好気性微生物を利用するバイオレメディエーションによる土壌浄化処理を行うことができる。
技術概要
 
微生物による分解活性を利用するバイオレメディエーション処理を用いた汚染土壌の浄化方法において、酸素放出剤として過酸化カルシウム及び/または過酸化マグネシウム、中和剤としてコハク酸、クエン酸、ピルビン酸、マレイン酸、フマル酸、乳酸、酢酸、蟻酸、シュウ酸、リンゴ酸、グルコン酸、酒石酸から選ばれる少なくとも一種の有機酸、または有機酸とその塩の混合物を汚染土壌に添加することにより、pHを5〜9に保持し、かつ溶存酸素を0ppmより大きくし、微生物の栄養源として酵母エキス及び/またはペプトンを用い、浄化する対象汚染物質がシアン化合物であり、アースロバクター(Arthrobacter)属に属し、シアン化合物の分解活性を有する微生物をさらに添加することを特徴とする汚染土壌の浄化方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 昭和電工株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT