スクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法

開放特許情報番号
L2017001070
開放特許情報登録日
2017/7/11
最新更新日
2017/8/15

基本情報

出願番号 特願2006-045712
出願日 2006/2/22
出願人 日立金属株式会社
公開番号 特開2007-137046
公開日 2007/6/7
登録番号 特許第4427799号
特許権者 日立金属株式会社
発明の名称 スクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法
技術分野 金属材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 スクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法
目的 電子部品等の被印刷体の一面に、半田ペーストやフラックス等の印刷材料を所定のパターンで印刷するスクリーン印刷装置及びスクリーン印刷方法において、印刷材料を印刷した直後の印刷部材の離版性が改善されたスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法を提供すること。
効果 印刷部材と被印刷体との間に印刷材料が滲み出しにくく、被印刷体に印刷された印刷材料の形状や寸法精度が良好で印刷材料による印刷部材の汚染が少ないスクリーン印刷装置およびスクリーン印刷方法を提供できる。
技術概要
被印刷体の一面に所定のパターンで印刷材料を印刷するスクリーン印刷装置において前記パターンに対応する開口部、前記開口部を含み前記印刷材料が供給される印刷領域及び前記被印刷体の一面に対し所定の位置関係にて位置合わせされる一面とを有する弾性及び軟磁性を具備した印刷部材と該印刷部材を支持する支持部とを備えた印刷手段と、前記被印刷体に位置合わせされた前記印刷部材の他面側から前記印刷領域を加圧しつつ前記印刷材料を該印刷領域に供給するとともに前記印刷部材の上方を少なくとも一方向に移動可能に配設された供給手段と、前記供給手段の移動方向に対し前記供給手段の後方に当該供給手段の移動方向に対し直交する方向において前記印刷領域を包含するように配設され前記供給手段と同期して移動するとともに前記印刷部材を引上げる磁力発生手段と、を有し、前記磁力発生手段は前記印刷部材と相対する一面に複数の磁区を有するとともに隣合う磁区の磁極は相異なることを特徴とするスクリーン印刷装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日立金属株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT