括り罠

開放特許情報番号
L2017001065
開放特許情報登録日
2017/7/21
最新更新日
2017/7/21

基本情報

出願番号 実願2014-000043
出願日 2014/1/8
出願人 杉本 辰男
登録番号 実用第3190855号
特許権者 杉本 辰男
発明の名称 括り罠
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 括り罠
目的 設置や設置場所の選定に熟練技術を必要とせず、野生動物の捕獲率を向上させると共に、その設置作業も容易にする猿、猪等を捕る括り罠を提供する。
効果 エサを使用し、野生動物がエサを持ち上げた時にバネの復元力により野生動物の手首や鼻等を括り輪のワイヤで括るようにしているので、主として地上を歩行、走行する野生動物の他、主として手を使用して食する猿やアライグマ等を捕獲することが出来る。また、野生のハクビシン、狸等の捕獲にも効果がある。
技術概要
紐又は棒の一端に取付けられたエサ部分と、先端部が締め込み可能な環状の括り輪7となっており、この括り輪7はエサ部分の外周に位置するように配置され、他端は立木等に縛りつけられる括りワイヤ6と、固定部と移動部を有するバネが蓄勢された状態で係止され、移動部の先端部近傍に括りワイヤ6の括り輪7近傍が取付けられたバネ機構と、バネ機構の固定部近傍にバネの蓄勢状態を解除しないように係止する係止装置を備える。紐または棒の他端は係止装置の引き金18に連結され、獣がエサを食しようとするとエサ部分を取付けた紐または棒が引っ張られ、係止装置の引き金18を引き、バネの蓄勢状態を解除するように係止具9が外れるように構成している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 徳島県発明協会

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT