クレーン付トラックの高所作業用カゴ装置

開放特許情報番号
L2017001057
開放特許情報登録日
2017/7/21
最新更新日
2017/7/21

基本情報

出願番号 実願2015-000549
出願日 2015/2/6
出願人 尾田 善計
登録番号 実用第3197083号
特許権者 尾田 善計
発明の名称 クレーン付トラックの高所作業用カゴ装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 クレーン付トラックのクレーンの先端ブームに取付ける高所作業用カゴ装置
目的 クレーンにより所定高さまで高所作業用カゴを持上げたとき、パンタグラフ式ジャッキを操作することにより、カゴ底面の水平度を任意に調整することができると共に、カゴが揺動しないようにカゴ底面が水平を保持した位置で固定することが出来、カゴに乗っている作業者の位置によりカゴが揺動する事も無く、作業者が安定して作業できるクレーン付トラックの高所作業用カゴ装置を提供する。
効果 パンタグラフ式ジャッキを操作することにより、高所作業用カゴ底面の水平度を任意所望の位置に調整すると共に保持することができ、カゴも揺動することはない。即ち、クレーンにより所定高さまで高所作業用カゴを持上げたとき、パンタグラフ式ジャッキを操作することにより、カゴ底面の水平度を任意に調整することができると共に、カゴが揺動しないようにカゴ底面が水平を保持した位置で固定することが出来、カゴに乗っている作業者の位置によりカゴが揺動する事も無く、作業者が安定して作業できる。
技術概要
高所作業用カゴ装置は、先端ブーム2の先端ヘッド3に支持枠4が締付具12により締付固定され、支持枠の先端に軸受孔が、この軸受孔より先端ヘッド側に別の軸受孔が設けられる。高所作業用カゴ6の上部に取付板5が下部に取付板7が設けられ、この取付板5が軸受孔に回転自在に取付られ、取付板7にパンタグラフ式ジャッキ8の一端が回転自在に取付けられる。ジャッキの他端が別の軸受孔に回転自在に取付られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 徳島県発明協会

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT