送信システム及び受信装置

開放特許情報番号
L2017001020
開放特許情報登録日
2017/7/5
最新更新日
2017/7/5

基本情報

出願番号 特願2013-105679
出願日 2013/5/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-229954
公開日 2014/12/8
登録番号 特許第6108952号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信システム及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 送信システム、及び、受信装置
目的 放送データ又は当該放送データの受信に関する制御情報を効率よく認証可能として送信する送信システム、及び、当該放送データ又は制御情報を効率よく認証可能にして受信する受信装置を提供する。
効果 制御信号(即ち、制御情報自体)を暗号化せず、ハッシュ関数を用いて認証対象のデータに関するメッセージダイジェスト値を算出し、このメッセージダイジェスト値に対応するMAC識別情報を発行して、メッセージダイジェスト値及びMAC識別情報を暗号化し、このメッセージダイジェスト値をデジタル署名として利用するため、受信側の処理負担を軽減させ高速な認証処理が可能になる。
技術概要
放送データ又は当該放送データの受信に関する制御情報を認証可能として送信する送信システムであって、当該放送データ及び制御情報のうち認証を要するものとして予め定められた所定のデータのメッセージダイジェスト値を識別するMAC識別情報を、前記制御情報とともに非暗号化対象の信号として出力する制御信号生成装置と、ハッシュ関数を用いて、前記所定のデータのメッセージダイジェスト値を算出し、前記メッセージダイジェスト値に対応するMAC識別情報を発行するとともに、前記メッセージダイジェスト値及び前記MAC識別情報を暗号化対象の信号として対応づけて出力するMAC生成装置と、前記放送データ、前記非暗号化対象の制御情報及びMAC識別情報、並びに、前記暗号化対象のメッセージダイジェスト値及びMAC識別情報を多重する多重装置と、前記メッセージダイジェスト値をデジタル署名として前記所定のデータを認証可能とするために、当該暗号化対象の信号を所定の暗号化方式で暗号化するスクランブラと、を備えることを特徴とする送信システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT