安全帯用チェック装置

開放特許情報番号
L2017001008
開放特許情報登録日
2017/7/3
最新更新日
2017/7/3

基本情報

出願番号 特願2009-161836
出願日 2009/7/8
出願人 東日本旅客鉄道株式会社
公開番号 特開2011-015794
公開日 2011/1/27
登録番号 特許第5307654号
特許権者 東日本旅客鉄道株式会社
発明の名称 安全帯用チェック装置
技術分野 土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 安全帯の使用状態チェック装置
目的 建設現場において高所作業を行う際、視認性が悪い夜間作業時でも安全帯の使用状態を確認することができる。
効果 安全帯に備えた表示部が作業者に使用状態を知らせることにより、視認性が悪い夜間作業時でも、安全帯の取り付けの失念を防止することができる。
技術概要
装置本体と、鉛直方向を基準として装置本体の軸方向を検出する傾斜センサと、傾斜センサの検出結果によって異なる動作をする表示部と、装置本体の軸方向がロープと平行になるように着脱可能に取り付ける取付具とを有する安全帯チェック装置において、傾斜センサと表示部とが装置本体に一体的に設けられている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT