超音波センサ及びこれを用いた超音波流量計

開放特許情報番号
L2017000978
開放特許情報登録日
2017/6/26
最新更新日
2017/7/4

基本情報

出願番号 特願2011-241803
出願日 2011/11/4
出願人 岩佐 正道
公開番号 特開2013-068589
公開日 2013/4/18
登録番号 特許第5371066号
特許権者 岩佐 正道
発明の名称 超音波センサ及びこれを用いた超音波流量計
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 超音波センサと超音波流量計
目的 振動子と導管の間、振動子と制振材料の間の接着状態のバラツキを防止し、ゼロ・ドリフトを軽減し、求める精度を測定することができる超音波センサを提供する。
効果 超音波センサの超音波振動子を制振部材で挟持して導管に固定し、超音波振動子と導管の間に導管に流れる物質の同様の音波伝搬速度を有する材料からなるリング状の整合部材を介在させたことによって、超音波振動子の振動をバラツキ少なく均一に確実に導管内の流体に伝達することができると共に、導管内の流体を伝搬してきた振動を超音波振動子によってバラツキ少なく均一に確実に検出することができるため、導管内を通過する流体の流量、流速を精度良く検出することが可能となるものである。
技術概要
微少流量が流れる導管の外周上に配置され、高周波が付与されて振動し、振動を受信して高周波信号を発生させるリング状の超音波振動子と、該超音波振動子を挟持固定するように配置される一対の制振部材とによって構成される超音波センサにおいて、
前記超音波振動子の内周面と前記導管の外周面の間に、前記超音波振動子の幅よりも大きな幅を有する環状の柔軟性のある均一な整合部材を設けると共に、該整合部材は、音の伝搬速度が前記導管内を流れる物質の音の伝搬速度と略等しい材質からなることを特徴とする超音波センサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 接着剤を使って振動子を固定したものと、比較してみてください。0ドリフトや、流量のばらつきが、極めて少なくなるはずです。
改善効果2 どれ位の工数をかけて、センサ部を組み立てていましたでしょうか?このセンサの仕組みは、単純です。工数を削減できます。
改善効果3 演算処理等を施す処理部で、センサ部自体の悪さをカバーできていましたでしょうか?カバーできなかった場合、センサ部は廃棄していたのではないかと思います。本特許では、これば、分解して、他の振動子との組み合わせで、再利用できます。
アピール内容 製作が容易です。接着剤を使っていないため、歩留まり率は、かなり高く(ほぼ100%?)になるのではないかと思います。センサとして、精度が不十分となれば、分解し、振動子等再利用できるからです。そういう意味でも安価です。

登録者情報

登録者名称 岩佐 正道

その他の情報

海外登録国 アメリカ合衆国
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
追加情報 海外登録国:アメリカ合衆国、台湾
Copyright © 2017 INPIT