ファイル伝送装置

開放特許情報番号
L2017000973
開放特許情報登録日
2017/6/22
最新更新日
2017/6/22

基本情報

出願番号 特願2013-005128
出願日 2013/1/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-138231
公開日 2014/7/28
登録番号 特許第6033095号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ファイル伝送装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 蓄電部を備えたファイル伝送装置
目的 安定した電力供給が得られない場合、利用者の意図に沿った伝送を実現可能なファイル伝送装置を提供する。
効果 安定した電力供給が得られない場合、利用者の意図に沿った伝送を実現することができる。例えば、利用者の意図に沿うように、残電池容量の範囲内で、大容量のファイルを伝送することができ、また、高画質なファイルを伝送することができる。
技術概要
所定のエンコードレートにて符号化した映像データのファイルが保存されたファイル保存部を備え、外部の電源から電力の供給を受けて動作し、前記ファイル保存部から前記ファイルを読み出して伝送を行うファイル伝送装置において、所定の変調方式で変調する変調部と、所定の送信電力にて送信する送信部と、電力を蓄積する蓄電部、及び前記外部の電源から電力が供給されていない受電断を検知する受電断検知部を有する電力供給部と、受電断が検知されたときに、前記蓄電部の残電池容量を用いて、当該ファイル伝送装置の消費電力、送信レート、変調方式及び送信電力からなる伝送条件毎に、当該ファイル伝送装置により送信可能なデータ量を求め、前記伝送条件毎の送信可能なデータ量に基づいて伝送条件を特定し、前記特定した伝送条件における変調方式及び送信電力を、前記受電断時の変調方式及び送信電力にそれぞれ決定し、前記ファイル保存部から所定時間位置の映像データのファイルを読み出し、前記決定した変調方式にて前記映像データを変調し、前記決定した送信電力にて送信するように、前記ファイル保存部、変調部及び送信部をそれぞれ制御する制御部と、を備えたことを特徴とするファイル伝送装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT