嚥下タイミング測定方法および嚥下タイミング測定装置

開放特許情報番号
L2017000929
開放特許情報登録日
2017/6/15
最新更新日
2019/2/27

基本情報

出願番号 特願2017-103563
出願日 2017/5/25
出願人 国立大学法人岐阜大学
公開番号 特開2018-198635
公開日 2018/12/20
発明の名称 嚥下タイミング測定方法および嚥下タイミング測定装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 嚥下タイミング測定方法および嚥下タイミング測定装置
目的 非侵襲な装置によって、咽頭蓋の閉じるタイミングと食塊を飲み込むタイミングを検出し、この二つのタイミングの関連を示すことのできる、嚥下タイミング測定方法および嚥下タイミング測定装置を提供する。
効果 本発明の嚥下タイミング測定方法は、非侵襲且つ非常に簡単な方法で、被験者の嚥下のタイミングを計測することが可能となる。被験者の負担が軽減されるため、連続して複数回測定を行うことが可能であり、より正確に嚥下のタイミングを確認することができる。
技術概要
嚥下機能を評価するには、咽頭蓋が閉じる時刻と食塊が咽頭を通過して食道に送られた時刻を測定し、この二つの時刻の間隔から咽頭蓋が確実に閉じた後に食塊が摂取されているか否かを判断することが有効である。食塊が咽頭を通過した時刻を測定する方法としては、造影剤を用いた撮像、触診、音データの解析等が知られているが、被験者の身体的な負担をより軽減した測定技術が求められている。本発明は、非侵襲な装置によって咽頭蓋の閉じる時刻と食塊が咽頭を通過した時刻を測定する方法および測定装置を提供するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT