ドパミン過感受性精神病の判定方法

開放特許情報番号
L2017000922
開放特許情報登録日
2017/6/14
最新更新日
2017/6/14

基本情報

出願番号 特願2015-188048
出願日 2015/9/25
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2017-060432
公開日 2017/3/30
発明の名称 ドパミン過感受性精神病の判定方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 ドパミン過感受性精神病の罹患リスクの判定方法
目的 DSPの罹患予測を補助することのできる、DSPの罹患リスクの判定方法を提供する。
効果 被験者から採取した生物学的試料において、DRD2遺伝子の−141C Ins/Del多型(rs1799732)を検出することを含む、DSPの罹患リスクの判定方法を提供できる。
技術概要
 
被験者の生物学的試料において、ドパミンD2受容体遺伝子プロモーター領域に存在する多型であって、米国国立バイオテクノロジー情報センターのSNPデータベースにrs1799732として登録された1塩基多型を検出することを含む、ドパミン過感受性精神病の罹患リスクの判定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT