軌道変位測定装置及び軌道変位の測定方法

開放特許情報番号
L2017000860
開放特許情報登録日
2017/6/2
最新更新日
2017/6/2

基本情報

出願番号 特願2015-178761
出願日 2015/9/10
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-053773
公開日 2017/3/16
発明の名称 軌道変位測定装置及び軌道変位の測定方法
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 軌道変位を測定する軌道変位測定装置、及びそれを使用した軌道変位の測定方法
目的 1本のレールの変位を直接、かつ迅速に測定することが可能な軌道変位測定装置を提供する。
効果 1本のレールの上下及び左右方向の変位を直接、かつ迅速に測定することができる。そして、左右のそれぞれのレールに対して測定を行うことによって、高低変位、通り変位、軌間変位、水準変位及び平面性変位を、一度に算出することができる。また、測定時にはレール上に固定される照射部が、レールに沿って移動させるための移動手段部に取り付けられていれば、照射部の盛替え作業を迅速に行うことができる。
さらに、照射部が水準器を有していれば、レーザー光を水平に照射させるための調整を容易に行うことができる。
技術概要
軌道変位を測定する軌道変位測定装置1である。
そして、1本のレールRに固定されるレーザー光Sの照射部21と、照射部と同じレール上を自立走行させる走行部5と、走行部に取り付けられた受光部4とを備えている。この受光部は、レールの延伸方向に略直交する断面において面状となってレーザー光の受光位置の検出が可能なPSD素子部41を有している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT