脱線状態検知装置及び脱線状態検知方法

開放特許情報番号
L2017000856
開放特許情報登録日
2017/6/2
最新更新日
2017/6/2

基本情報

出願番号 特願2015-198187
出願日 2015/10/6
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-071247
公開日 2017/4/13
発明の名称 脱線状態検知装置及び脱線状態検知方法
技術分野 輸送
機能 検査・検出
適用製品 鉄道車両の脱線状態検知装置及び脱線状態検知方法
目的 簡単な構成により脱線状態を適切に検知可能な脱線状態検知装置等を提供する。
効果 本発明によれば、簡単な構成により脱線状態を適切に検知可能な脱線状態検知装置及び脱線状態検知方法を提供することができる。
技術概要
通常時にレール上面と当接する踏面及び前記踏面より外径側に張り出したフランジを有する車輪が固定された輪軸の回転速度を検出する速度検出手段と、前記回転速度が所定以上の変化率で低下した後、前記回転速度が低下した状態が所定の判定期間以上継続した場合に脱線状態であると判定する脱線状態判定手段とを備えることを特徴とする脱線状態検知装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT