軸受の密封構造

開放特許情報番号
L2017000855
開放特許情報登録日
2017/6/2
最新更新日
2017/6/2

基本情報

出願番号 特願2015-197378
出願日 2015/10/5
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-072146
公開日 2017/4/13
発明の名称 軸受の密封構造
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 軸受の密封構造
目的 軸箱の内部と外部との間の圧力差を緩和することができるとともにこの軸箱の内部に異物が侵入するのを防ぐことができる軸受の密封構造を提供する。
効果 軸箱の内部と外部との間の圧力差を緩和することができるとともにこの軸箱の内部に異物が浸入するのを防ぐことができる。
技術概要
軸箱9の温度が上昇して空間S1の圧力が上昇し、軸箱9の内部と軸箱9の外部との間の圧力差が増加すると、この空間S1の圧力変動に応じて圧力差緩和部21が膨張して空間S1の容積が増加する。その結果、軸箱9の空間S1の圧力変動が緩和されて、軸箱9の内部から外部に潤滑剤が漏れ出すのを圧力差緩和部21が防止する。一方、軸箱9の温度が下降して空間S1の圧力が下降し、軸箱9の内部と軸箱9の外部との間の圧力差が減少すると、この空間S1の圧力変動に応じて圧力差緩和部21が収縮して空間S1の容積が減少する。その結果、軸箱9の空間S1の圧力変動が緩和されて、軸箱9の外部から内部に異物が侵入するのを圧力差緩和部21が防止する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT