検体表面の生菌数推定方法及び装置、その装置に搭載されるプログラム

開放特許情報番号
L2017000815
開放特許情報登録日
2017/5/25
最新更新日
2017/5/25

基本情報

出願番号 特願2015-179901
出願日 2015/9/11
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2017-051162
公開日 2017/3/16
発明の名称 検体表面の生菌数推定方法及び装置、その装置に搭載されるプログラム
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 検体表面の生菌数推定方法
目的 検体表面の生菌数を迅速且つ高精度で求める。
効果 希釈液を調製する労力を省き、菌培養の時間を省いて、簡易且つ短時間で検体表面の生菌数を得ることができる。
検体表面に付着した菌を溶媒に移した検体液を用いることで、検体自体のバックグランドに由来する情報を微生物の情報から分離することができる。これによって、精度の高い生菌数の推定が可能になる。
また、蛍光指紋情報に基づいて生菌数を推定するので、様々な波長の光に励起された微生物の自家蛍光スペクトルに基づいて生菌数を推定することができ、多くの情報量に基づく精度の高い生菌数の推定が可能になる。
技術概要
検体表面に付着した菌を溶媒に移して検体液を生成する検体液生成工程と、検体液の蛍光指紋情報を取得する蛍光指紋情報取得工程と、蛍光指紋情報から検体表面の生菌数を推定する生菌数推定工程とを有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT