深紫外光を放射する半導体発光素子を備える発光モジュール

開放特許情報番号
L2017000767
開放特許情報登録日
2017/5/18
最新更新日
2017/5/18

基本情報

出願番号 特願2015-085410
出願日 2015/4/17
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2016-207754
公開日 2016/12/8
発明の名称 深紫外光を放射する半導体発光素子を備える発光モジュール
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 発光モジュール
目的 深紫外光を放射する半導体発光素子を備える、信頼性の高い発光モジュールを提供する。
効果 本発明の発光モジュールによれば、深紫外光を放射する半導体発光素子を備える、信頼性の高い発光モジュールを提供することができる。
技術概要
発光モジュール1は、深紫外光18を放射する半導体発光素子10と、半導体発光素子10を封止する液体50と、半導体発光素子10と液体50とを収容するパッケージ(30、40)とを備える。液体50は、深紫外光18に対して透明である。パッケージ(30、40)は、深紫外光18に対して透明な透明部材40を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT