無線通信を行う受信装置、受信方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2017000760
開放特許情報登録日
2017/5/17
最新更新日
2017/5/17

基本情報

出願番号 特願2012-180014
出願日 2012/8/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-039136
公開日 2014/2/27
登録番号 特許第6014411号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 無線通信を行う受信装置、受信方法及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信における再送制御方式
目的 SR方式による再送制御を行う伝送システムにおいて、無線帯域の利用効率を向上させる。
効果 再送要求を送信するタイミングが遅くなることがなく、無線帯域の利用効率が低下することがない。したがって、SR方式による再送制御を行う伝送システムにおいて、無線帯域の利用効率を向上させることが可能となる。
技術概要
送信装置1−1の送信用データ生成・シーケンス番号付与部10は、映像ファイルを分割した各データにシーケンス番号を付与し、データ記憶部11に格納する。データ読出部12は、データ記憶部11からシーケンス番号の大きい順に全てのデータを読み出し、送信部13は、シーケンス番号の大きい順にデータパケットを送信する。受信部14は、I−NACKを受信し、I−NACKから受信済みシーケンス番号を抽出する。再送制御部15は、受信済みシーケンス番号に基づいて再送データの有無を判定し、再送データがない場合、データ記憶部11の全てのデータを削除し、再送データがある場合、再送シーケンス番号をデータ読出部12に出力する。送信部13は、再送シーケンス番号のデータパケットを再送する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT