対応点探索装置、そのプログラムおよびカメラパラメータ推定装置

開放特許情報番号
L2017000757
開放特許情報登録日
2017/5/17
最新更新日
2017/5/17

基本情報

出願番号 特願2012-174416
出願日 2012/8/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-032628
公開日 2014/2/20
登録番号 特許第6080424号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 対応点探索装置、そのプログラムおよびカメラパラメータ推定装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 対応点探索装置、カメラパラメータ推定装置
目的 対応点を発見しやすく、かつ、対応点の誤対応を減らすことができる対応点探索装置、そのプログラムおよびカメラパラメータ推定装置を提供する。
効果 画像特徴点のオリエンテーションを個別に算出することなく、2枚の画像間における画像回転量を求めることができるため、対応点を発見しやすくなり、かつ、対応点の誤対応を減らすことができる。また、請求項1、請求項4に係る発明によれば、特徴点ごとに個別にオリエンテーションを算出する必要がないため、対応点探索の際の計算コストを抑えることができる。
技術概要
対応点探索装置10は、2枚の画像の特徴点を検出して特徴ベクトルを算出する射影変換行列算出用特徴ベクトル算出手段12と、画像間における対応点を探索する射影変換行列算出用対応点探索手段13と、画像間の対応点から射影変換行列を算出する射影変換行列算出手段14と、画像上の特徴点を検出する特徴点検出手段15と、射影変換行列によって特徴点を座標変換することで、画像間の画像回転量を算出する画像回転量算出手段16と、一方の画像の特徴点のオリエンテーションを0度とし、他方の画像の特徴点のオリエンテーションを画像回転量とし、特徴ベクトルを算出する特徴ベクトル算出手段17と、複数の画像間における対応点を探索する対応点探索手段18と、を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT