サブ情報提示装置、映像提示装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2017000754
開放特許情報登録日
2017/5/17
最新更新日
2017/5/17

基本情報

出願番号 特願2012-162159
出願日 2012/7/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-023072
公開日 2014/2/3
登録番号 特許第6010373号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 サブ情報提示装置、映像提示装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 サブ情報提示装置、映像提示装置及びプログラム
目的 サブ情報提示装置の処理能力に依存することなく、映像コンテンツとサブコンテンツとの間の同期を精度高く確立する。
効果 サブ情報提示装置の処理能力に依存することなく、映像コンテンツとサブコンテンツとの間で同期を精度高く確立することが可能となる。また、ユーザは、使用するサブ情報提示装置の処理能力に依存することなく、映像コンテンツにサブコンテンツをオーバーレイ表示して提示するという一定の品質のサービスを受けることができる。
技術概要
サブ情報提示装置2は、映像コンテンツにサブコンテンツをオーバーレイ表示する際に、サブコンテンツの生成及び描画処理によって表示タイミングが遅れること等を考慮し、その処理に対応する時間分進めたメディア時刻のサブコンテンツを生成し描画する。具体的には、同期判定部31は、それぞれのマーカーから生成した映像コンテンツの時刻とサブコンテンツの時刻とに基づいて、映像コンテンツとサブコンテンツとの間の同期を判定する。メディア時刻生成部24は、同期が完了していない場合、メディア時刻を補正し、同期が完了した場合、そのときのメディア時刻を基準にして、同期した新たなメディア時刻を生成する。そして、新たなメディア時刻にて生成され描画されたサブコンテンツがオーバーレイ表示される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT