統計翻訳の最適化装置、統計翻訳システム、及びコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2017000709
開放特許情報登録日
2017/5/11
最新更新日
2017/5/11

基本情報

出願番号 特願2015-136194
出願日 2015/7/7
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2017-021422
公開日 2017/1/26
発明の名称 統計翻訳の最適化装置、統計翻訳システム、及びコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 統計的自動翻訳技術「統計翻訳」
目的 訓練に用いた対訳文について、自動翻訳時には原文に対する訳文が元の対訳文の参照訳と一致する率を向上させる。
効果 統計翻訳は、それ以前のルールベースの自動翻訳と異なり、多数の対訳データがあれば、言語の組み合わせにかかわらず同じ技術を適用して自動翻訳を行うことができる。したがって、今後もこの技術を適用した自動翻訳は広がっていくものと考えられる。
技術概要
最適化装置160は、訓練セット90のサブセットである訓練サブセット170の各対訳文からは疎な素性のみを、開発セット100の各対訳文からは、少なくとも密な素性を抽出し、各対訳文の原言語文を統計翻訳して翻訳スコアの高い翻訳候補を出力する自動翻訳装置182とを含む。最適化装置160は、これら翻訳候補の各々に対して、BLEUスコアを算出する訳文評価部184と、複数の翻訳候補のうちでBLEUスコアが最も良くなる翻訳候補について、自動翻訳装置182により算出される翻訳スコアも良くなるよう、重みの値を変化させながら自動翻訳装置182による翻訳を繰返して重みを最適化する最適化処理部176とをさらに含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT