レクテナ装置及び受電整流方法

開放特許情報番号
L2017000701
開放特許情報登録日
2017/5/9
最新更新日
2017/5/9

基本情報

出願番号 特願2013-085822
出願日 2013/4/16
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2014-209816
公開日 2014/11/6
登録番号 特許第6052616号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 レクテナ装置及び受電整流方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 レクテナ装置及び受電整流方法
目的 広帯域にわたる受電整流の高効率化を果たし、無線電力伝送における電力と情報の融合やエネルギーハーベスティングを実現することができるレクテナ装置及び受電整流方法を提供する。
効果 この発明によれば、広帯域にわたって受電整流の高効率化を実現することができる。
技術概要
広帯域の電波として電力と情報とを同時に受信するレクテナ装置であって、
前記電波を受信するアンテナ部と、前記アンテナ部により受信された電波による無線周波数信号を整流する整流回路と、前記整流回路により整流された無線周波数信号の周波数で共振して前記無線周波数信号の反射を抑制する負荷共振回路と、を備え、前記負荷共振回路は、前記整流回路により整流された無線周波数信号を負荷側に伝送するための伝送路と、前記伝送路の中途部に接続された扇形スタブと、を備えたことを特徴とするレクテナ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT