触媒構造体及びその製造方法、並びに水素発生装置。

開放特許情報番号
L2017000681
開放特許情報登録日
2017/5/2
最新更新日
2017/5/2

基本情報

出願番号 特願2015-042438
出願日 2015/3/4
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2016-159266
公開日 2016/9/5
発明の名称 触媒構造体及びその製造方法、並びに水素発生装置。
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 触媒構造体及びその製造方法、並びに水素発生装置
目的 コンパクトな装置を用いて有機ハイドライドから効率的に水素を回収することを可能にする装置及びそのために用いることのできる触媒を提供する。
効果 反応管内を流れる有機ハイドライドと脱水素触媒層との大きな接触面積が確保される。加えて、板状部のねじれによって、反応管内の物質が混合され、特に径方向での混合が促進される。そのため、反応管の特に径方向における有機ハイドライドの分布の均一性が高まるとともに、反応管外部から供給される熱を効率的に脱水素触媒層の全体に伝えることができる。その結果、反応管内に供給された有機ハイドライドをより確実に脱水素することができる。
技術概要
一定の軸線に沿って延在する基材と、脱水素触媒、及び該脱水素触媒を担持する担体を含む、触媒粒子と、を備える触媒構造体。基材が、軸線を中心として回転する方向にねじれながら軸線に沿って延在する板状部を含んでいる。板状部の表面上に触媒粒子が配置されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT