水素化物イオンを含有するペロブスカイト型酸化物とその製造方法

開放特許情報番号
L2017000657
開放特許情報登録日
2017/4/28
最新更新日
2017/4/28

基本情報

出願番号 特願2013-523910
出願日 2012/7/5
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2013/008705
公開日 2013/1/17
登録番号 特許第5872555号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 水素化物イオンを含有するペロブスカイト型酸化物とその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 水素化物イオン伝導性を有するチタン含有ペロブスカイト型酸化物、該酸化物の製造方法、及び該酸化物
目的 チタンのようなありふれた元素を含有し、かつその元素が安定な酸化数をとる金属酸化物からなる水素化物イオン・電子混合伝導体の開発が必要である。また、水素の有効利用のために水素吸蔵、放出特性の優れた新規なセラミックス系材料の開発も求められている。
効果 従来あまり注目されていなかった負の電荷をもつ水素化物イオン(H-)をイオン伝導に利用した特異な化合物、すなわち、チタン含有ペロブスカイト型酸化物の酸化物イオン(O2-)の一部を水素化物イオンで置換した酸化物を提供するものである。この酸化物は、環境に優しく安価なチタン系の酸化物として水素化物イオン伝導性と電子伝導性をあわせもつ混合伝導性等の優れた特性を有するので低温で機能を発揮させることができる電子デバイス材料として有用である。さらに、この酸化物は新規な水素吸蔵、放出材料としても有用である。
技術概要
チタン含有ペロブスカイト型酸化物に含まれる酸化物イオンの1原子%以上が水素化物イオン(H−)で置換された、水素化物イオン伝導性を有するペロブスカイト型酸化物からなる水素化物イオン伝導性と電子伝導性をあわせもつ混合伝導体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT