ブタSLAクラスIアリルを特異的に認識するモノクローナル抗体

開放特許情報番号
L2017000641
開放特許情報登録日
2017/4/25
最新更新日
2017/4/25

基本情報

出願番号 特願2015-225631
出願日 2015/11/18
出願人 学校法人東海大学
公開番号 特開2016-135753
公開日 2016/7/28
発明の名称 ブタSLAクラスIアリルを特異的に認識するモノクローナル抗体
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 ブタSLAクラスIアリルを特異的に認識するモノクローナル抗体
目的 ブタSLAクラスIアリルと特異的に反応するモノクローナル抗体を提供する。
効果 SLAアリル特異的な抗体であり、SLAのタンパク質発現をフローサイトメトリー、免疫組織化学染色で解析するために有用である。また本発明のモノクローナル抗体は移植免疫、癌免疫、感染免疫に対する研究に有用である。さらに本発明のモノクローナル抗体は、マイクロミニピッグにおけるSLAタイピングの一部に用いることが可能である。
技術概要
ブタ主要組織適合性抗原(MHC)SLAクラスIアリルと特異的に反応し、ヒトMHC、コモンマーモセットMHC、ブタの異なるSLAクラスIアリル及びSLA-6と交差反応せず、ブタの5種類のハプロタイプのそれぞれと異なる反応性を有し、細胞表面上のブタSLAクラスIアリルを認識することができるモノクローナル抗体。ブタSLAクラスIアリルの部分ペプチドとβ2マイクログロブリン(β2M)の部分ペプチドとを発現する細胞を免疫原として免疫動物を免疫し、前記免疫動物から取得した抗体産生細胞が産生する抗体であり、受託番号NITE P−01979を有するハイブリドーマが産生するモノクローナル抗体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東海大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT