電動機一体型ブースタ圧縮機

開放特許情報番号
L2017000631
開放特許情報登録日
2017/4/21
最新更新日
2017/4/21

基本情報

出願番号 特願2010-081818
出願日 2010/3/31
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2011-214460
公開日 2011/10/27
登録番号 特許第5520113号
特許権者 アネスト岩田株式会社
発明の名称 電動機一体型ブースタ圧縮機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 電動機一体型ブースタ圧縮機
目的 電動機のガバナーのスイッチ部分で発生するするスパーク等による悪影響をなくすと共に、調速機構の取付けを容易にし、かつ電動機の冷却効率を高く維持できるようにする。
効果 起動用コンデンサ、運転用コンデンサ及び電子ガバナーが電動機ケーシングの外側に配置されてなるので、工業用電源以外の商用電源の利用が可能になると共に、加圧空気に含まれる酸素の悪影響を排して、スイッチ接点の焼けや磨耗等の不具合いを解消できる。
更に、電動機ケーシングの内部に設けられたガバナースイッチで発生するスパークによる塵埃を、被圧縮気体が吸い込んで、被圧縮気体が汚染されることもなくなる。
技術概要
圧縮空間を形成するシリンダと、クランク室を形成するクランクケーシングと、該クランク室に設けられたクランク軸を駆動する電動機を配置した電動機ケーシングとが一体に構成され、該シリンダとクランク室とを連通する連通路を備え、クランク室に導入した被圧縮気体を該連通路を通してシリンダ内に供給し加圧するようにした電動機一体型ブースタ圧縮機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT