圧縮装置及びその運転制御方法

開放特許情報番号
L2017000630
開放特許情報登録日
2017/4/21
最新更新日
2017/4/21

基本情報

出願番号 特願2010-244610
出願日 2010/10/29
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2012-097618
公開日 2012/5/24
登録番号 特許第5646282号
特許権者 アネスト岩田株式会社
発明の名称 圧縮装置及びその運転制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、環境・リサイクル対策
適用製品 圧縮装置及びその運転制御方法
目的 圧縮機の吐出圧縮気体の圧力を抑えた省エネ運転を指向しつつ、圧縮機の制御頻度を少なくして、圧縮機の故障やモータの焼損等を防止する。
効果 制御時間内では圧縮機のロード台数の変更を行なわないようにしたので、圧縮機のロード台数の変更頻度を少なくして、圧縮機の故障やモータの焼損等を防止することができる。また、制御時間経過後の吐出圧縮気体の圧力変化量が設定増加量以上となったとき、アンロード切換制御を行なうようにしたので、圧縮装置の吐出圧縮気体の圧力を全体として低く抑えることができ、これによって、消費電力を節減でき、圧縮機の寿命を向上できる。
技術概要
複数台の圧縮機から吐出される圧縮気体の圧力を検知しながら使用流量に応じて各圧縮機でアンロードとロードとを切り替えるようにした圧縮装置の運転制御方法において、
圧縮機及びその周辺機器の寿命に基づいて制御時間を設定すると共に、圧縮機のロード台数変更時を該制御時間の開始点とし、該制御時間経過後で開始点からの吐出圧縮気体の圧力変化量が設定量以上となったとき、1台の圧縮機をロードからアンロードに切り替えるアンロード切換制御を行なうようにし、さらに、前記吐出圧縮気体の圧力が予め設定された下限圧より高く下限圧に近い圧力域に属する最低ロード圧力を予め設定しておき、該最低ロード圧力以上の圧力領域で前記アンロード切換制御を行なうようにしたことを特徴とする圧縮装置の運転制御方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 CN:ZL201110309919.5

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT