気体圧縮機集合システムにおけるメンテナンス実施時期の管理方法

開放特許情報番号
L2017000628
開放特許情報登録日
2017/4/21
最新更新日
2017/4/21

基本情報

出願番号 特願2003-137435
出願日 2003/5/15
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2004-340025
公開日 2004/12/2
登録番号 特許第4098154号
特許権者 アネスト岩田株式会社
発明の名称 気体圧縮機集合システムにおけるメンテナンス実施時期の管理方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 複数の気体圧縮機を組込んだ気体圧縮機集合システムにおけるメンテナンス実施時期の管理方法
目的 気体圧縮機集合システムに組込まれている複数の気体圧縮機の負荷率をメンテナンス実施時期の算出時の要素にとり入れ、気体圧縮機集合システムのメンテナンス実施時期を、それに組込まれている気体圧縮機が有する本来のメンテナンス実施時期に、可及的に近いものとするとともに、気体圧縮機間におけるメンテナンス実施時期についての前記較差をできるだけ小さいものとし、平均化を図る。
効果 気体圧縮機が有する本来のメンテナンス実施時期に、可及的に近いものとすることができるとともに、実際のメンテナンス時の運転時間と、本来メンテナンスが行われるべき運転時間との差に関して、複数の気体圧縮機間において大きな較差が生じることを防止することができる。気体圧縮機集合システムのメンテナンスを実施する以前に、それに組込まれているいずれかの気体圧縮機に故障が発生するような事故を効果的に防止することができる。
技術概要
複数のほぼ同一能力の気体圧縮機を組込んだ気体圧縮機集合システムにおいて、予め定めた圧力の下限値と上限値間を、用いる気体圧縮機の数と同数の圧力レベルに区分し、前記圧力の計測信号が、目標とする圧力レベルの範囲を外れて、前記各圧力レベルの境界に至ったときに、運転する気体圧縮機の台数を変更し、この変更にともなう気体圧縮機の起動停止を、予め定められた起動停止の順位に従って行わせる方法によって気体圧縮機の運転制御を行い、その結果、得られたデータに基づいて、前記気体圧縮機集合システムに組込まれている複数の気体圧縮機の延運転時間Sを定めるとともに、メンテナンス実施時期管理上の運転時間Mを下記式で求め、このMの値を、予め定めたメンテナンスを必要とする時間Nと比較して、Mの値が、Nの値よりも大きいか、または実質的にNの値と等しくなったときに、メンテナンスを実施することを特徴とする気体圧縮機集合システムにおけるメンテナンス実施時期の管理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 US:7252483
CN:ZL200410043258.6
KR:10-0552941
BE:1477677

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT