パッケージ型圧縮機

開放特許情報番号
L2017000625
開放特許情報登録日
2017/4/21
最新更新日
2017/4/21

基本情報

出願番号 特願2006-067338
出願日 2006/3/13
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2007-239721
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4912703号
特許権者 アネスト岩田株式会社
発明の名称 パッケージ型圧縮機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 パッケージ型圧縮機
目的 筐体に多数のファンを配置するスペースが必要となり、筐体の大型化を招くこととなる従来のパッケージ型圧縮機における問題を解決する。
効果 筐体内を第1収容室と第2収容室とに画成する仕切板に配置した換気扇により、第1、2収容室の雰囲気の排気と、第2収容室に収容したクーラーの冷却とを同時に行うことができ、筐体内部の収容スペースを有効的に活用することができる。さらに、換気扇とクーラーとを囲い部材により囲んだことにより、クーラーをより効率的に冷却することができる。
技術概要
筐体内に、モータにより駆動される圧縮機本体と、該圧縮機本体から吐出される圧縮流体を冷却するクーラーとを収容したパッケージ型圧縮機において、前記筐体内を、縦仕切板により、前記モータ及び前記圧縮機本体を収容する第1収容室と、前記クーラーを収容する第2収容室とに画成して、前記縦仕切板に、前記第1収容室の雰囲気を第2収容室に導入可能な第1排気口と、該第1排気口の上方にあって前記第1収容室の雰囲気を吸い込んで前記第2収容室に送風する換気扇とを設け、前記筺体の上部に、前記第2収容室に導入された前記第1収容室の雰囲気を、前記筺体の外部に排気させるための第2排気口を設け、前記クーラーを前記換気扇に対向させて配置するとともに、前記クーラー及び前記換気扇の周囲を、前記第1排気口から導入される雰囲気に当たらないように前記第2排気口に対向する側のみが開口する囲い部材により囲んだことを特徴とするパッケージ型圧縮機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 KR:10-0837143

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT