オイルフリーロータリコンプレッサのロータ軸シール装置

開放特許情報番号
L2017000615
開放特許情報登録日
2017/4/21
最新更新日
2017/4/21

基本情報

出願番号 特願2007-095583
出願日 2007/3/30
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2008-255798
公開日 2008/10/23
登録番号 特許第5046379号
特許権者 アネスト岩田株式会社
発明の名称 オイルフリーロータリコンプレッサのロータ軸シール装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 オイルフリーロータリコンプレッサのロータ軸周りのシール方法及び装置
目的 オイルフリーロータリコンプレッサにおいて、圧縮室内の圧力変動があっても軸受部の潤滑油が圧縮室内に浸入しないようにする。
効果 雄雌ロータ軸に設けられた少なくとも2段のシール手段間に空隙部を形成し、該空隙部に圧縮空気供給源から圧縮空気を供給して、該空隙部に大気圧以上の加圧シール空間を形成することにより、圧縮室が大気圧以上の正圧又は負圧に変動した場合でも、該空隙部に形成された加圧シール空間の圧力遮断効果により、潤滑油が圧縮室に入り込むリスクを効果的に低減することができる。
技術概要
一対の雄雌ロータが配置された圧縮室と潤滑油が供給される雄雌ロータ軸の軸受部との間のロータ軸周りをシールするオイルフリーロータリコンプレッサのロータ軸シール方法において、雄ロータ軸及び雌ロータ軸の周囲に少なくとも2段のシール手段を配設するとともに、該シール手段の間に空隙部を形成し、該オイルフリーロータリコンプレッサの運転時に、該空隙部に圧縮空気供給源から圧縮空気を供給し該空隙部に大気圧以上の加圧シール空間を形成することによって、潤滑油が圧縮室内に浸入するのを防止することを特徴とするオイルフリーロータリコンプレッサのロータ軸シール方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 US:7713040
CN:ZL200810142808.8
BE:1975410

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT