車上装置及び走行情報補正方法

開放特許情報番号
L2017000607
開放特許情報登録日
2017/4/18
最新更新日
2017/4/18

基本情報

出願番号 特願2014-210433
出願日 2014/10/15
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-082660
公開日 2016/5/16
発明の名称 車上装置及び走行情報補正方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 列車の走行位置や走行速度を算出する車上装置等
目的 滑走空転の発生が検知された場合に走行情報を補正する際の補正開始タイミングの精度を向上させること。
効果 補正開始タイミングの判定に加加速度を用い、更に、速発系加加速度と慣性系加加速度との差を用いることで、重力加速度の影響をできる限り排除し、補正開始タイミングの判定精度を向上させることができる。
技術概要
滑走空転検知部162が滑走空転の発生を検知した場合、補正開始タイミング判定部170が補正開始タイミングを判定する。すなわち、滑走空転の発生を検知したタイミングから遡って直近で、速発系加加速度と慣性系加加速度との差である加加速度差が所定条件を満たしたタイミングを補正開始タイミングとして、蓄積データ320から判定する。補正開始タイミングを判定した後、位置補正部180が、補正開始タイミング以降の走行情報を補正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT