圧電材とその製造方法、接触検出装置、荷重検出装置及び異常状態検出装置

開放特許情報番号
L2017000596
開放特許情報登録日
2017/4/18
最新更新日
2017/4/18

基本情報

出願番号 特願2014-237536
出願日 2014/11/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-100504
公開日 2016/5/30
発明の名称 圧電材とその製造方法、接触検出装置、荷重検出装置及び異常状態検出装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 圧電材とその製造方法、検出対象物との接触を検出する接触検出装置、荷重を検出する荷重検出装置、及び検出対象物の異常状態を検出する異常状態検出装置
目的 圧電性能及び耐荷重性を向上させることができる圧電材とその製造方法、接触検出装置、荷重検出装置及び異常状態検出装置を提供する。
効果 圧電性能及び耐荷重性を向上させることができる。
技術概要
複数の圧電粒子が母材中に所定の方向に配列されており、この所定の方向に荷重が作用するときに電力を発生する圧電材であって、前記荷重が作用する圧電粒子が前記母材の表面から突出していること、を特徴とする圧電材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT