車両走行路支持装置

開放特許情報番号
L2017000586
開放特許情報登録日
2017/4/18
最新更新日
2017/4/18

基本情報

出願番号 特願2014-208794
出願日 2014/10/10
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-079578
公開日 2016/5/16
発明の名称 車両走行路支持装置
技術分野 土木・建築、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 車両走行路支持装置
目的 仮に地上構造物の不等変位が発生した場合であっても、車両の運行に支障をきたすような目違いの発生を防止でき、走行安定性及び安全性に優れた車両走行路支持装置を提供する。
効果 側壁又は走行路の車両の走行方向に対するプラス側の変位、即ち、側壁又は走行路が軌道内側に飛び出す変位を抑制することができるので、車両と側壁又は走行路とが接触する等の走行上の不具合が生じることが無い。従って、万が一、走行中に地上構造物の不等変位が発生した場合であっても、十分な走行安定性を確保することが可能となる。
技術概要
車両が走行する走行路2上に、該走行路2の幅方向で相互に間隔をおいて設けられた側壁3を有する車両走行路支持装置1であり、側壁3と走行路2とは、該走行路2の幅方向への所定以上の力の付与によって拘束が解除される連結手段によって互いに連結されており、側壁3は、車両の走行方向Dに沿って分割されており、側壁3の分割箇所に跨がって配置され、走行方向Dの前後に配置される側壁3の幅方向への移動を規制する側壁連結部材5と、走行路2上において、相互に間隔をおいて設けられた側壁3の間に設置され、側壁3の幅方向への移動を該側壁3の内面3a側から規制する横ずれストッパー6と、が備えられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT