多段載荷方式による軌道支持剛性評価装置

開放特許情報番号
L2017000579
開放特許情報登録日
2017/4/17
最新更新日
2017/4/17

基本情報

出願番号 特願2015-026666
出願日 2015/2/13
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-148221
公開日 2016/8/18
発明の名称 多段載荷方式による軌道支持剛性評価装置
技術分野 土木・建築、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 試験装置
目的 レール直上からの測定で、バラスト軌道のまくらぎ支持状態および路盤剛性を的確に評価可能な多段載荷方式による軌道支持剛性評価装置を提供する。
効果 レール直上からの測定で、バラスト軌道のまくらぎ支持状態および路盤剛性を的確に評価することができる。
技術概要
レール上に取り付けられる固定具を有する支持フレームと、該支持フレームに配置される載荷部材を有する載荷ユニットを具備し、レール直上からの測定で、バラスト軌道のまくらぎ支持状態および路盤剛性を的確に評価することを特徴とする多段載荷方式による軌道支持剛性評価装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT