踏切障害物検知装置

開放特許情報番号
L2017000575
開放特許情報登録日
2017/4/17
最新更新日
2017/4/17

基本情報

出願番号 特願2015-006890
出願日 2015/1/16
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-132313
公開日 2016/7/25
発明の名称 踏切障害物検知装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 踏切障害物検知装置
目的 検知性能が向上された踏切障害物検知装置を提供する。
効果 従来、誤動作を抑制するためノイズとして処理された障害物は、一定の判定条件を満たす場合は障害物として検知されるので、検知性能が向上された踏切障害物検知装置を提供することができる。
技術概要
第1検知手段10および第2検知手段20と演算処理装置30とを有する。第1検知手段および第2検知手段は、障害物検知領域の障害物を互いに異なる検知方式もしくは異なる方向からのセンシングで検知する。演算処理装置は、第1検知手段の障害物検知領域を等分割した場合の検知区間ごとの検知レベルに対して下側閾値と上側閾値とを用いて検知レベルを判定する第1判定部31と、第2検知手段の検知区間ごとの検知レベルに対して下側閾値と上側閾値とを用いて検知レベルを判定する第2判定部32と、第1判定部の検知区間ごとの判定結果および第2判定部の検知区間ごとの判定結果にもとづいて、障害物検知領域に検知物があると判定する最終判定部34とを有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT