鉄道車両の歪み測定システム及び歪み測定装置

開放特許情報番号
L2017000572
開放特許情報登録日
2017/4/17
最新更新日
2017/4/17

基本情報

出願番号 特願2015-024518
出願日 2015/2/10
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-148552
公開日 2016/8/18
発明の名称 鉄道車両の歪み測定システム及び歪み測定装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 鉄道車両の走行中における歪み測定システム及び歪み測定装置
目的 走行中の鉄道車両、特に営業車両の部材に生じた複数箇所の歪みを正確に同期させ得るように測定することのできる歪み測定システムの提供。
効果 鉄道車両の走行中にだけ歪み測定装置を動作させ得て、消費電力を低減した上で営業車両の部材における走行中に生じた歪みを正確に測定することができる。
技術概要
鉄道車両の部材におけるその走行中の歪みを測定する歪み測定システムである。部材に固着させた歪み測定装置へ部材に貼付した歪みセンサからのアナログ信号を導きデジタルデータに変換するとともに時刻データを併せて記録させた可搬記録媒体を用い、複数の可搬記録媒体のそれぞれに記録されたデジタルデータを走行情報に対応させるとともに歪みセンサの相対的位置情報を併せて与えて部材の歪みを測定することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT