パンタグラフの接触力変動低減方法及びパンタグラフ

開放特許情報番号
L2017000567
開放特許情報登録日
2017/4/17
最新更新日
2017/4/17

基本情報

出願番号 特願2015-041172
出願日 2015/3/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-163448
公開日 2016/9/5
発明の名称 パンタグラフの接触力変動低減方法及びパンタグラフ
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 接触力の変動を低減する方法、及び、接触力変動の低減が可能なパンタグラフ
目的 アクティブ制御機構の制御パラメータを短時間で自動調整可能なパンタグラフ接触力変動低減方法を提供する。
効果 本発明によれば、具体的にはデータを参照しつつ後述するように、アクティブ制御機構の制御パラメータを短時間で自動調整可能なパンタグラフ接触力変動低減方法などを提供できる。
技術概要
パンタグラフは、トロリ線33に押し当てられるすり板3や、トロリ線33とすり板3との間の上下方向接触力を動的に制御するアクチュエータ13、前記接触力を測定する手段10を備える。同アクチュエータ13の制御器20は、測定された前記接触力の信号を入力され、アクチュエータ13の制御指令信号を出力する。制御器20において、接触力信号のうち卓越周波数付近の信号成分の周波数とほぼ一致した位相同期波形をある位相φだけずらして遅延波形とした後、該遅延波形の信号のゲインAを調節して制御指令信号として出力する。位相φ及びゲインAを、接触力変動の制御パラメータに対する感度に応じて一定の時間間隔ごとに逐次更新することによって、接触力変動をゼロNとするパラメータを探索して調整する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT