鉄道高架橋

開放特許情報番号
L2017000562
開放特許情報登録日
2017/4/17
最新更新日
2017/4/17

基本情報

出願番号 特願2015-033721
出願日 2015/2/24
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-156164
公開日 2016/9/1
発明の名称 鉄道高架橋
技術分野 土木・建築
機能 免振・制振、材料・素材の製造
適用製品 バラスト軌道が敷設された鉄道高架橋
目的 バラスト軌道が敷設された鉄道高架橋において、橋軸方向に隣り合う高架橋構造体の不同変位を抑制し、バラスト軌道の変位を抑制できる鉄道高架橋を提供する。
効果 橋軸方向に隣り合う高架橋構造体の不同変位を抑制できて、バラスト軌道の変位を抑制できる。
技術概要
橋軸方向に複数の高架橋構造体が配列され、該複数の高架橋構造体にバラスト軌道が敷設された鉄道高架橋において、前記バラスト軌道の橋軸直角方向の側方に、橋軸方向に隣り合う前記高架橋構造体の互いに対向する端部に架け渡されるように第1変位抑制体が配置され、該第1変位抑制体は、橋軸方向に隣り合う前記高架橋構造体それぞれに橋軸方向に沿って設けられた反力部、および前記バラスト軌道の複数のマクラギに橋軸直角方向から挟み込まれていて、前記高架橋構造体および前記マクラギと橋軸方向に相対変位可能であることを特徴とする鉄道高架橋。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT