電波暗箱

開放特許情報番号
L2017000522
開放特許情報登録日
2017/4/5
最新更新日
2018/8/31

基本情報

出願番号 特願2016-251748
出願日 2016/12/26
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2018-107270
公開日 2018/7/5
発明の名称 電波暗箱
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 電波暗箱
目的 サイズを維持しつつ、評価できる電波の周波数帯を広帯域化できる電波暗箱を提供する。
効果 サイズを維持しつつ、評価できる電波の周波数帯を広帯域化できる。
技術概要
電波暗箱は、シールド箱と、シールド箱の内壁に取り付けられる電波吸収体とを備え、シールド箱の一面は、アンテナが放射する電波が入射する開口部を有し、開口部から入射する電波のうち、シールド箱の内部に置かれた通信装置へ直接到達する直接波以外の電波が到達する第1の領域及び直接波以外の電波のうち第1の領域で反射した電波が到達する第2の領域のいずれか一方又は両方に、第1の領域と第2の領域以外の領域より電波の吸収率を高くした電波吸収体が取り付けられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT