複合磁性粒子、電波吸収体および複合磁性粒子の製造方法

開放特許情報番号
L2017000503
開放特許情報登録日
2017/4/3
最新更新日
2018/9/26

基本情報

出願番号 特願2016-257006
出願日 2016/12/28
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-110167
公開日 2018/7/12
発明の名称 複合磁性粒子、電波吸収体および複合磁性粒子の製造方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 複合磁性粒子、電波吸収体および複合磁性粒子の製造方法
目的 磁気特性の制御を行うことができる、ε‐Fe↓2O↓3およびバリウムフェライトの結晶相を含む複合磁性粒子、電波吸収体および複合磁性粒子の製造方法を提供すること。
効果 実施形態による複合磁性粒子およびその製造方法は、高密度磁気記録媒体用途に有用であるほか、酸化物であるという物質の安定性および優れた磁気特性から、ギガヘルツからテラヘルツまでの周波数に対応する電波吸収材、ナノスケール・エレクトロニクス材料、生体分子標識剤、薬剤キャリアなどへ応用できる。
技術概要
イプシロン型酸化鉄相と、
バリウムフェライト相と、
を含み、
バリウムの含有量が、7〜20モル%であることを特徴とする複合磁性粒子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT