小振幅差動パルス送信回路

開放特許情報番号
L2017000478
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2011-180112
出願日 2011/8/22
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2013-046080
公開日 2013/3/4
登録番号 特許第5698624号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 小振幅差動パルス送信回路
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 小振幅差動パルス送信回路
目的 最適の時期に出力電流を流して、それ以外の時期には出力電流を止めることによって省エネ性能に優れた小振幅差動パルス送信回路を提供すること。
効果 ディジタルデータをLVDSのように高速かつ高信頼性で送信でき、なおかつ低電力で送信できる。すなわち、送信に要する消費電力をデータの転送速度と遷移確率に比例して低減できる。また、信号が外来ノイズの影響を受けにくく、信号伝送時に外界に出すノイズが少ない。
技術概要
定電流を送信データに応じて差動的に出力する定電流差動出力回路101と、前記定電流差動出力回路101の出力を、送信データの値の変化による該出力の過渡現象が収束した後であって次のデータが出力される前における所定期間通過させるスイッチ回路102と、前記スイッチ回路102の出力を所定電位にバイアスするバイアス回路103とを備える小振幅差動パルス送信回路。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT