荷重補償装置

開放特許情報番号
L2017000475
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2011-236252
出願日 2011/10/27
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2013-091144
公開日 2013/5/16
登録番号 特許第5841401号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 荷重補償装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 荷重補償装置
目的 作動リンク自体に与える補償力の影響を少なくし、効率のよい簡易的構成の荷重補償装置。
効果 本発明では,作動リンク自体に与える補償力の影響を少なくし、効率が良く、簡易的構成の荷重補償装置を提供することが可能となる。
技術概要
基台2に回転可能に支持される作動リンク3と、作動リンク3と共に回転する作動リンク回転部材6と、作動リンク回転部材6に対する回転数の比が2対1であるクランク回転部材7と、クランク回転部材7と共に回転可能な第1のクランク部材9と、第1のクランク部材9と同じ長第2のクランク部材10と、第1のクランク部材9の他端と第2のクランク部材10の一端を回転可能に連結するクランク連結部材11と、第2のクランク部材10の他端を回転可能に支持するスライダ13と、スライダ13を案内する案内部材14と、スライダ13に一端を取り付けられ、基台2に他端を取り付けられた弾性部材15と、を備え、作動リンク3が鉛直方向に位置する時、第1のクランク部材9と第2のクランク部材10が直線上に位置し、弾性部材15が自然長となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT