光スイッチ装置の制御方法

開放特許情報番号
L2017000467
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-026075
出願日 2010/2/9
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2011-166392
公開日 2011/8/25
登録番号 特許第5543233号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 光スイッチ装置の制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光スイッチ装置の制御方法
目的 ブロードキャストベースではないマルチキャスト送信を実現することができる光スイッチ装置の制御方法を提供する。
効果 ブロードキャストベースの従来PONではできなかったマルチキャスト送信、及び、マルチキャスト送信とシングルキャスト送信の同時送信が可能となり、利便性の高い光アクセスネットワークを形成することができる。
技術概要
印加される制御信号に応じて、クロス状態、バー状態及び分配スイッチ状態のいずれかの動作状態で動作することができる2×2の光スイッチをトーナメント状に多段接続した光スイッチ装置の制御方法であって、
前記光スイッチをクロス状態又はバー状態で動作させることにより、入力信号を最下段に配置された光スイッチのうちの選択された光スイッチの出力ポートから出力するシングルキャスト送信を行い、前記光スイッチのうちの選択された光スイッチを分配スイッチとして動作させることにより、同一の入力信号を最下段に配置された複数の光スイッチの出力ポートから出力するマルチキャスト送信を行い、
前記マルチキャスト送信を行うときに、前記光スイッチ装置における上位側の光スイッチから優先的に制限段数となるところまで分配スイッチとして動作させるように設定し、複数回の伝送を行うことにより、最下段に配置された光スイッチに接続された複数のユーザに対して同一の信号を出力することを特徴とする光スイッチ装置の制御方法。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT