相関性評価方法、相関性評価装置、動作再現装置

開放特許情報番号
L2017000463
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-040421
出願日 2010/2/25
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2011-174871
公開日 2011/9/8
登録番号 特許第5656161号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 相関性評価方法、相関性評価装置、動作再現装置
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 相関性評価方法、装置、動作を再現する動作装置
目的 力に関する複数の収集データの相関性を適切に評価することが可能な相関性評価方法、及び装置等を提供する。
効果 力に関する複数の収集データの相関性を適切に評価することが可能な相関性評価方法、及び装置等を提供することができる。
技術概要
人が特定の物体に対して所定の動作をする際に加えられる力を複数回計測するステップと、前記計測された力の時系列データを複数個、記憶手段に格納するステップと、前記記憶手段に格納された力の時系列データを標本とし、該時系列データ間の相関性を示す値で重み付けした隣接行列を求めるステップと、
前記隣接行列を正規化した正規化隣接行列を求めるステップと、前記正規化隣接行列の固有値が1となる場合の固有ベクトルの要素の大きさに基づいて、該要素に対応する時系列データの他のデータとの相関性を評価するステップと、を備えることを特徴とする相関性評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT