嗅覚情報制御装置、嗅覚情報制御方法及び香り発生システム

開放特許情報番号
L2017000458
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-084970
出願日 2010/4/1
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2011-215462
公開日 2011/10/27
登録番号 特許第5563353号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 嗅覚情報制御装置、嗅覚情報制御方法及び香り発生システム
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 嗅覚情報制御装置、嗅覚情報制御方法及び香り発生システム
目的 視聴覚映像情報等に対応させて、香りの遠近感(遠近表現)や強弱変化を簡単に演出することができる、嗅覚情報制御装置、嗅覚情報制御方法及び香り発生システムを提供する。
効果 視聴覚映像情報等に対応させて、香りの遠近感(遠近表現)や強弱変化の演出を簡単に行うことができる。
また、それらの演出を視聴者により分かりやすく呈示することができる。
技術概要
視聴覚情報データを記憶している記憶手段と、当該記憶手段から取得した視聴覚情報データに基づいて仮想空間を提供する手段とを有し、流動する空気中に複数種類の香料を微小時間、香料毎に所定のパルス間隔で別々にパルス射出する香り発生装置に香りのパルス射出制御情報を送信する嗅覚情報制御装置であって、
前記香りのパルス射出制御情報は、前記記憶手段から取得した前記視聴覚情報データと前記仮想空間における香り発生源との関係に基づいて、香りの種類と香りの強さを規定したノードを形成し、当該形成したノードを用いて香りの種類の射出順を定めた香り配列に基づくものであることを特徴とする嗅覚情報制御装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT