自重補償型脚歩行アシスト装置

開放特許情報番号
L2017000457
開放特許情報登録日
2017/3/28
最新更新日
2017/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-087673
出願日 2010/4/6
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2011-217825
公開日 2011/11/4
登録番号 特許第5475527号
特許権者 学校法人慶應義塾
発明の名称 自重補償型脚歩行アシスト装置
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 自重補償型脚歩行アシスト装置
目的 駆動源を必要とせずに、歩行者や歩行ロボット等の自重を補償して歩行動作を効率的にアシストすることができる自重補償型脚歩行アシスト装置を提供する。
効果 駆動源を用いることなく、歩行者や歩行ロボット等の自重を補償して歩行動作を効率的にアシストすることができ、特に歩行ロボットやパワーアシストスーツに取り付けた場合には、歩行用アクチュエータの負荷やエネルギ消費を大幅に低減することができる。
怪我や病気、高齢等のために、脚の筋力が衰弱して自力では歩行が困難な者でも、車椅子等に乗ることなく両手が自由に使える状態で容易に歩行することができ、また、定位置における脚の屈伸動作を伴う作業等も膝や腰に負担がかからず容易に行うことができる。
技術概要
左右対称に構成された一対の脚部と、これらの脚部の上端間を連結する上体保持枠と、それぞれの脚部に対して設けられ、遊脚となる脚部に作用する重力負荷を補償する遊脚自重補償機構と、それぞれの脚部に対して設けられ、支持脚となる脚部に作用する上体の重力負荷を補償する上体自重補償機構とを備え、左右の脚部に対応する遊脚自重補償機構と上体自重補償機構とを歩行動作とともに交互に働かせて歩行動作のアシストを行う自重補償型歩行アシスト装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT