神経系細胞の培養方法

開放特許情報番号
L2017000442
開放特許情報登録日
2017/3/13
最新更新日
2017/3/13

基本情報

出願番号 特願2015-064943
出願日 2015/3/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-182089
公開日 2016/10/20
発明の名称 神経系細胞の培養方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 特有の細胞形態を維持した状態で、長期間の培養が可能な神経系細胞の培養方法
目的 特有の細胞形態を維持した状態で、簡便に、長期間の培養が可能な神経系細胞の培養方法の提供。
効果 初代培養、株化細胞培養、ES細胞培養等において、細胞が凝集してしまい細胞形態の観察等が困難であると考えられていた神経系細胞において、特有の細胞形態を維持した状態で、簡便に長期培養を行うことができる。また、本発明の培養方法により培養された神経系細胞は、特有の形態を維持しているものであるため、形態観察、形態ごとの分画を容易に行うことができる。また、それらの培養細胞を用いて、細胞の性質、薬理効果、細胞の構造化等の各種の検討等を好適に行うことが可能となる。
技術概要
内部に平板基板を有する培養容器を用いて、前記平板基板と、前記培養容器との間隙において神経系細胞を培養することを特徴とする、神経系細胞の培養方法;前記神経系細胞は、グリア細胞であることが好ましい;前記培養容器は、その内部に液体培地を備え、前記平板基板が前記液体培地内に沈降していることが好ましい;前記平板基板の下面と、前記培養容器の底面との間隙において神経系細胞を培養することが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT