絶縁診断用アンテナ装置及び地上コイルの絶縁診断方法

開放特許情報番号
L2017000434
開放特許情報登録日
2017/3/13
最新更新日
2017/3/13

基本情報

出願番号 特願2015-073074
出願日 2015/3/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-191695
公開日 2016/11/10
発明の名称 絶縁診断用アンテナ装置及び地上コイルの絶縁診断方法
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 絶縁診断用アンテナ装置及び地上コイルの絶縁診断方法
目的 本発明は、地上コイルにて部分放電により発生する僅かな電磁波の変動も確実に検知することができ、正確な地上コイルの絶縁診断を行うことが可能な絶縁診断用アンテナ装置及地上コイルの絶縁診断方法を提供する。
効果 本発明の絶縁診断用アンテナ装置によれば、地上コイルから発生した電磁波を反射して集中させることができる。
外来ノイズに影響されずに確実に検知することができ、正確な地上コイルの絶縁診断を行うことができる。
技術概要
縦方向へ位置する基準軸O1を中心とした楕円筒面15の一部により形成され、推進系地上コイルから発生した電磁波Sを反射して該基準軸O1に集中させる反射体11と、該反射体11の内部位置にて基準軸O1と平行に配置されて、該反射体11で反射した電波を受信する棒状のアンテナ導体12と、を有するアンテナユニット13を具備し、アンテナユニット13は、反射体11の楕円筒面15の開口部16が推進系地上コイルに向くように配置され、かつ所定方向へ進行する車両の走行方向へそれぞれ位置をずらして複数配置されたことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT