障害物検知方法およびその装置

開放特許情報番号
L2017000429
開放特許情報登録日
2017/3/13
最新更新日
2017/3/13

基本情報

出願番号 特願2015-072211
出願日 2015/3/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2016-192109
公開日 2016/11/10
発明の名称 障害物検知方法およびその装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 検査・検出
適用製品 障害物検知方法およびその装置
目的 ステレオ画像処理により線路上に存在する障害物を検知する場合に、障害物検知速度の向上が可能な障害物検知方法およびその装置を提供する。
効果 障害物の存在の検知を高速化することができる。
技術概要
障害物検知方法は、左右のカメラで列車進行方向前方を撮像する工程、取得された画像からレールを抽出する工程、左右の画像の抽出されたレールに対して「レール抽出による視差」を用いてマッチング処理をして左右のレールの視差を算出する工程、算出された視差を障害物が存在しないときの所定の視差モデルと比較する工程、比較の結果、一致する場合は線路上に障害物が存在しないと判定し、一致しない場合は線路上に障害物が存在すると判定する工程を含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT